閉じる
2017/08/11

【アメリカ・シリコンバレー研修レポート①】〜ここに来てやっと見つけた将来への「指針」〜

夏休み みなさん、いかがお過ごしですか?

栗林です。

 

今日 8月11日は、

アメリカ・シリコンバレーで、

3ヶ月間の研修にチャレンジしている

一人の在校生を紹介します。

 

国際英語コミュニケーション科 2年生 山本くんです。

 

山本くんは、現在、アメリカ・シリコンバレーで、

3ヶ月間、起業家養成プログラムの研修を受けています。

 

シリコンバレーというと、

私たちの生活に身近な大企業が多く、

iPhoneでおなじみAppleや、

インターネットサービスのGoolge が、有名ですね!

 

佐渡ヶ島出身の山本くんが、

7月11日に、単独で、シリコンバレーを目指し、

今日は、ちょうど1ヶ月目にあたる日です。

 

山本くんから、近況報告 が届きましたので、

応援の気持ちを込めて、ご紹介をさせてください。

 

               

 

 

シリコンバレーに来て、
今日で丁度1カ月が経ちました。

 

とりあえず現状報告も兼ねて、
今の正直な印象や感想を言わせてもらうと、

ここでしか無い出会いから得る
刺激や発見って言うのは勿論大きいけど、

それ以上に、
自身の内面的な点での
日々の変化に自分でも驚いています。

 

ただ、それが起きる瞬間はいつも辛くて、

人と話すことに恐怖を感じるようになったり、
周りの人達との接し方が分からなくなったり、

自分を見つけにここに来たつもりが、
逆に自分を見失って自信を失ったり、

とにかく本当に毎回シンドくて辛いんだけど、
それでも何とか今ここに立ってられてるのは、

8000㎞離れてて16時間の時差があっても、
絶えず声を送ってくれて待っててくれる人がいるからです。

 

きっと、
「甘えすぎ」とか「そんなんじゃダメ」とか、
そう言う人もいるだろうし実際そうかも知れない。

でもこのことが発端で、
自分のやりたいことが見えてきつつあります。

 

だからこれは、
今まで20年何もやりたいことが無くて,
適当に好きなことだけやって生きてきた僕が、
ここに来てやっと見つけた将来への「指針」です。

 

だから、
他の人がどう思うかは別として、
どうしても今ここに書き留めておきたかった。

と言うことで、
ロクに外の世界を知らないまま小さな島から
世界で1番動きのある場所へ来た20歳の独り言でした。

長いことグダグダと思うまま書いたけど、

とりあえずは毎日充実してるし、
一応は僕なりに元気にやってます。

 

あと2か月、自分なりに精一杯頑張ります。

以上、そんな感じで近況報告でした。

 

Kento Yamamoto

 

 

20746100_1979631945649657_5846514028218923628_o

 

 

 

 

新潟

英語韓国語中国語を学ぶなら

旅行・鉄道業界のプロになるなら

エアライン業界のプロになるなら

AIR国際外語・観光・エアライン専門学校

★学校ホームページ:http://www.air.ac.jp/
★お問い合わせ:【TEL】0120-935-771

★お問い合わせ:【Mail】air@nsg.gr.jp
★AIR公式twitter⇒http://goo.gl/GSOLMv
★AIR公式LINE⇒「@air771」で検索