閉じる
2020/02/13

【インタビュー】旅行分野と海外就職に憧れて、現在はインドネシアの旅行会社で勤務しています!<STUDENTS’ VOICE NO.5>

こんにちは♩入学相談室もりです!

 

インタビュー企画

<STUDENTS’ VOICE Vo.5>

 

今回インタビューしたのは

2018年3月に「トラベル観光科を卒業。現在は、インドネシアのジャカルタにある旅行会社「PT. PANDA TRAVEL AGENCY INDONESIA」で勤務している卒業生にインタビュー!高校時代~現在に至るまでの、さまざまな質問を聞いていました!

 

旅行や観光分野に興味がある方

将来は、海外で仕事をしてみたい!と思っている高校生のみなさん、ぜひ参考にしてみてください

 

IMG_5952

トラベル観光科 2018年3月卒業

PT,PANDA TRAVEL AGENCY INDONESIA

マーケティングアドバイザー

藤田さん

 

 

藤田さん、こんにちは!

お久しぶりです。現在の海外就職のことや、高校時代から現在に至るまで、色々教えてください

 

 

ーーー現在は、どこの国で働いていて、どんな仕事をしていますか?

 

藤田さん え~とちょっと複雑なんですが。。(笑)転勤を2回していまして、現在は、インドネシアの旅行会社でマーケティングアドバイザーとして働いています。わかりやすくするとこんな感じです。

 

【2018年4月-2019年3月】

JAPAN TRAVEL AGENCY LTD. 香港支店 でツアーコーディネーターとして勤務

【2019年4月-10月】

JAPAN TOURS (PTE) LTD. シンガポール支店 ツアーマネージャーとして勤務

【2019年10月-現在】

PT.PANDA TRAVEL AGENCY INDONESIA ジャカルタ支店 マーケティングアドバイザーとして勤務しています。

 

 

ーーー転勤が2回、そして、勤務も3カ国目なんですね!すごい(笑)今は、どんな仕事をしていますか?

 

藤田さん 今はジャカルタでカウンター接客(デパートなどの中の旅行会社のイメージです)とツアー増設等をしています。繁忙期には団体ツアーのアテンドなども行います。11月に初めて一人でツアーを添乗してきました。ジャカルタ在住のお客様に向けたツアーなのですが、今まで添乗員といった経験はなくて心配でしたがお客様皆様に満足いただける結果となりよかったです。そのお客様とは年末年始のご旅行も予約して頂いたり、貢献することができて、この仕事にやりがいを感じています。

 

IMG_9622 IMG_9571

 

 

ーーーなぜ卒業後、海外就職という道を選んだのですか?

 

藤田さん もともと海外が好きで、働きたいという思いがあったのですが、ゆくゆくは日本に帰って働こうかと考えています。そのため、若いうちに海外就職の経験をしていい刺激をもらいたいと思い卒業後、海外就職を決意いたしました。2年目ですが新入社員もローカル社員も私の年上ばかりです。(笑)

 

 

ーーー海外で働くって憧れはありますけど、不安を感じることもあると思いますがどうですか?

 

藤田さん 実はあまり海外で生活するということに不安を感じたことはなく、むしろ国ごとに違うところが多くて楽しみながら生活しています。食事とか生活、治安など気にされる方が多いかと思いますが、まず一歩飛び出してしまえば案外住みやすかったりして新しい発見が多いと思います。

 

IMG_8432

 

ーーー藤田さんは、在学時代から海外インターンシップも経験していたので、その甲斐もあって、不安もなかったのかもしれませんね。

 

 

ーーー仕事をしていく上でのモットー/信念などはありますか?

 

藤田さん 旅行は売るだけでなく、その人それぞれの思い出作りをしていることを忘れないということです。忙しい時期になると一日に何件もの予約を処理していかなければならないのですが、いつの間にかお客様の為ではなく早く予約を処理するために働いていた時期がありました。早く処理をすることも大切ではありますが、お客様の立場になって一緒に作り上げていければ旅行も成功してお客様にも満足いただける結果となると感じたので、今後仕事をしていくうえでこのことは忘れないようにしています。

 

 

IMG_5950

 

 

 

ーーー続いて、進路を決める高校時代のことを聞かせてください。当時、進路を決める時(大学か?専門学校か?など)に悩みや不安はありましたか?

 

 

藤田さん 大学か専門学校かですごく迷いました。何度も何校も説明会に行った記憶があります。

 

 

ーーー最終的には、AIRのトラベル観光科に入学したわけですが、AIRに進学した理由は?

 

藤田さん 決め手となったのは先生に元旅行会社の方が多く在籍されていたことです。私の考えとして早く現場に出て仕事をしてみたいという気持ちが強かったため、その為には現場のことを熟知されている先生の下で、かつ専門学校という2年間で旅行会社へ就職ができるといったことがAIRに進学を決めたきっかけとなりました。

 

 

ーーーそして、AIRに入学。AIRの学校生活で思い出に残っていることはありますか?

 

藤田さん 私はトラベル観光課だったので、国家資格取得期間が思い出に残っています。あまり勉強をすることや、努力をすることが苦手な私だったのですが、クラスメイトと鼓舞しあいながら毎日勉強したあの時は忘れられません。

 

_MG_9511

 

 

ーーーAIRで学んでいて良かったこと/今の仕事に活かされていることはありますか?

 

藤田さん 元旅行会社の先生から教えて頂いた主催者側の立場から見る旅行は今でも覚えておいてよかったと思いました。また、細かいことですがExcelの授業、JAL AXCESS、手話など、旅行会社で働いていると使う場面があったりして学んでよかったと思っています。

 

ーーー逆にもっと○○しておけば良かったと思うことなどありますか?

 

藤田さん もっと人の話をしっかり聞いておけばよかったと思います。人として当たり前のことがあまりうまくできていなかった記憶があるのですが、(遅刻などもろもろ)入社した後に後悔していました。あとは、時間を有効活用すれば良かったと思います。なにか時間があれば自分の為になること、スポーツとか旅行等なんでもいいのでもっと面白い時間の使い方をすればよかったなと思います。

 

 

ーーーそんな藤田さんは、海外に就職して2年が経ちます。振り返ってみて、AIRってどんな学校ですか?

 

藤田さん 同じ業界を目指す友達と切磋琢磨できる学校だと思います。また、香港で働いていた時に、たまたま私が担当していた旅行客(団体)が私の同級生の担当していた団体で驚きました。(笑) 旅行という職業で、仲間と繋がっているんだって感じました。そんなこともAIRでしかできない体験だなと思っています。

 

IMG_6470

 

 

ーーー最後になりますが「将来は旅行の仕事に就きたい」「海外で働きたいと思っている」高校生の皆さんへメッセージをお願いします。

 

藤田さん 旅行会社の仕事は覚えることも多かったり、自分が旅行をすること以上に考えないといけないことが多くありますが、毎日が新しいことの繰り返しで大きなやりがいを感じることができます。特に海外で働くということは少しハードルが高いと思ってしまうかもしれませんが、異文化の中で毎日新しい発見のなかで生活することは本当に楽しいです。若いうちに海外で働くということはとてもいい経験になると思います。

 

また、学生のうちは自分のために使える時間がとても多いです。なので、なんでも良いので自分がやっていて楽しいと思うことに時間を精一杯使うべきだと思います。私がもしも高校生に戻れるのなら夏休み電車で新潟県1週の旅とかやってみたかったですね。頑張ってください。

 

ーーーいろいろお聞かせいただき、ありがとうございました。

 

IMG_9409

 

おわり

 

※こちらのやり取りは、Eメールを通してやりとりさせていただきました。

 

 

新潟

英語韓国語中国語を学ぶなら

旅行・鉄道業界のプロになるなら

エアライン業界のプロになるなら

国際外語・観光・エアライン専門学校

★学校ホームページ:http://www.air.ac.jp/
★お問い合わせ:【TEL】0120-935-771
★お問い合わせ:【Mail】air@nsg.gr.jp
★AIR公式twitter⇒http://goo.gl/GSOLMv
★AIR公式LINE⇒「@air771」で検索