閉じる
2020/02/06

【インタビュー】大学進学を目指していただけど、結局場所なんて関係ないって思っています。<STUDENTS’ VOICE NO.4>

こんにちは♩入学相談室もりです!

 

在校生インタビュー企画

 

<STUDENTS’ VOICE Vo.4>

 

今回インタビューしたのは

2019年4月に「国際英語コミュニケーション科に入学した1年生の長岡さん!大学進学を目指していたけど、高校生活の最後の最後、3月末にAIRを受験。大学進学⇒専門学校に進学を決めたに至るまでのことを色々聞きました!

 

現在の高校3年生の方も参考になると思いますので、ぜひご覧ください。

 

7A2A0333-5

▼紹介動画▼

 

 

ーーー高校時代はどんな学生でしたか?

 

長岡さん 高校時代は、軽音楽部所属していて真剣に音楽をやっていました。ギターをやりたかったんですけど、やりたい人が多くて結局ドラムをやってて、真剣にやりすぎて部長になりました。(笑)

 

 

 

ーーー高校生時代に考えていた「進路」を教えてください!

 

長岡さん 高校2年生の時、先輩の影響もあって進学先は「新潟大学」それしか考えなかったです。ほかの大学を知らなかったからかもしれませんが。(笑) 将来の夢とか、なりたい職業も決まっていなかったので、とりあえず大学へ行って夢とかなりたい職業を決めればいいかなって思っていました。今思えば、全然なにも考えていなかったですね^^::

 

 

 

ーーー実際に進路を意識したのはいつごろですか?

 

長岡さん 高校2年生の終わり〜高校3年生の春、進学(大学)へ行こうと決めて、高校3年生から初めて塾へ行くようになりました。そこからめちゃめちゃ勉強しましたね。かなり追い込んでいて、夏休みも朝9時から11時くらいまで勉強していた。年末も携帯もほとんど使わなかったです。(笑)携帯を見たのが5秒だったのは今でも覚えています。⇦iPhoneのスクリーンタイムの情報によると(笑)

高校での模試はまあまあ良かったけど、大学センター試験は、全然だめでした。

進路が決まっていなくて、周りは決まっているし、相当焦ってましたね。。。精神的にもキツかったです。(苦笑)

 

 

スクリーンショット 2020-02-06 午後4.35.54

 

 

ーーー大学進学希望からAIR(専門学校)へ進路変更したわけですが、その辺を詳しく教えてください。

 

長岡さん 高校3年の10月くらい?塾の先生・親と話していたときに、父が「専門学校もあるよ」って言っていて、自分はまだ大学を諦めたくない。と思っていたけど、少しずつ大学以外の進学先も意識し始めました。そのとき初めて調べました。

センター試験後の2月ごろ、いくつか大学の試験受けたが、不合格で落ち込んでてそのときに頭の中に残っていたAIRを思い出して、自分の好きになった英語を勉強できるし、地元(新潟)だし、まだ入学生を募集していたので、ここにしようと決めました。

 

浪人も考えたけど、浪人できる自信はなかったです。もう1年間この熱量で勉強は続けられない。だったら学校に入って勉強したいと思いました。

 

 

 

ーーーこの分野(外国語)を選んだ理由は?

 

長岡さん 高校3年生のときに通っていた塾で、英語が好きになりました。分かると、どんどん楽しくなって。好きになりました。進学して、いろんな人/世界と繋がりたいと思ったので、語学系を選びました。

 

自分的には、いろんな人に会える。関われるところに行きたかったので。留学生と交流ができるところは、AIRはいいと思います。知らない文化を体験できるとき、AIRって面白いって思います。ネパールの赤いヤツを額に付ける経験は、大学ではできないと思いますし。笑

 

S__542515210

 

 

ーーーAIRに入って印象に残っていることは?

 

長岡さん 夏休みにシカゴへ短期留学ですね。同じクラス(国際英語コミュニケーション科・上級英語科)の子とかが、高校時代に海外に行っていて、自分も行ってみたいという気持ちから、夏休みにシカゴへ3週間留学しました。平日は英語の授業で。放課後は、イベントとかで交流会。休日はフリー。

そのときに周りは、関西の有名大学の大学生が多くて、焦りました。仲良くなって大学生の方が、「大学行っても英語喋れるようにならないよ。だから留学しに来たんだよ。」って言ってて、びっくりした。クラス分けのテストでも自分結構、点数がよくて、上のクラスになりました。結局、大学行っても自分で自ら行動を起こさないと英語も話せるようにならないんだって感じました。

 

 

この短期留学に行く前は、AIRの普段の授業で実際これ使うの?って半信半疑で勉強していたけど、実際言ったら授業で出てきた内容が出てきて、帰国してからより一層普段の勉強をしっかいしようと意識するようになりました。モチベーションもあがりましたし。スピーキングって大事だなって。海外研修でバンクーバーに行った時もその経験を活かせたし、英語もうまく話せた気がします。

 

Chicago-1S__18972746

 

 

 

ーーーこれからの目標は?

 

長岡さん もっと英語を極める。とくにスピーキングをもっと極めたい。シカゴへの短期留学に行く前とかは、英語を間違えたくない。って気持ちがあって英語をうまく話せなくて。帰ってきてから気持ちの変化があって、もっと自分から喋りたいなって。。もっとペラペラになりたい。って思うようになりました。世界中の人とコミュニケーションが取れるスピーキング力とコミュニケーション能力をつけたいです。大学への編入も考えているので、先生と相談しながら進路を決めていきたいです。

 

 

 

ーーー高校生のみんなへメッセージをお願いします!

 

長岡さん 目的があるのならば、大学へ行ってもいいと思うし、目指してもいいと思います。英語が好きで、英語を続けたかったら、AIRとか専門学校でもいいと思う。結局、大学へ行っても「自分で続ける力」がないとダラけてしまうと思うので。実際、自分も大学入ったら、遊ぼうと思っていました。笑 よくよく考えたら、AIRでの英語漬けの日々があるから、怠けずに好きな英語を勉強できているのかもしれません。

 

自分が本当にやりたいことがあれば、場所は関係ない!気持ちがあれば、どこでもちゃんとやっていけますよ!

 

 

ーーー最後はカッコよく締めましたね(笑)ありがとうございました!

 

これからも頑張ってくださいね

 

おわり

 

 

新潟

英語韓国語中国語を学ぶなら

旅行・鉄道業界のプロになるなら

エアライン業界のプロになるなら

国際外語・観光・エアライン専門学校

★学校ホームページ:http://www.air.ac.jp/
★お問い合わせ:【TEL】0120-935-771

★お問い合わせ:【Mail】air@nsg.gr.jp
★AIR公式twitter⇒http://goo.gl/GSOLMv
★AIR公式LINE⇒「@air771」で検索