2020/04/23

新型コロナウイルス感染対策による今後の授業運営について

学生各位

保護者各位

 

【新型コロナウイルス感染対策による今後の授業運営について】

 

平素は学校運営にご協力とご理解を賜り、心より感謝申し上げます。

さて、政府は、新潟県を含む全都道府県に緊急事態宣言したことにより、新潟県は学校に対し臨時休校を要請しています。これを受け、しばらくの間、学校に登校しての通常授業からオンライン、課題提出等による非対面型の遠隔授業を実施することといたします。新型コロナウイルス感染拡大の緊急事態であるため、学校側も様々な手法を考案し、できるだけ学生のみなさんの勉学の機会を快適に確保できるように、最大限の努力と対策を進めております。学生のみなさん、そして保護者の皆様にご理解いただけますようお願い申し上げます。

なお、今後の授業の進め方につきましては、先日実施いたしました新入生・進級生オリエンテーション開催時に、学生に説明しておりますので、保護者の皆様も既ご存じのことと思いますが、下記の通りお知らせいたします。

 

1)非対面型遠隔授業開始の準備について

非対面型の遠隔授業について、ご心配のことと思いますが、先日のオリエンテーションで、オンライン授業で必要なアプリをダウンロードし、準備とPCにおける整備を完了いたしました。また、その際に必要なご家庭でのWIFI環境につきましても、学生に確認しております。WIFI環境の整備ができていない学生は、いくつかの条件の下、学校内のWIFIを使用し遠隔授業を受けていただくことが可能です。

 

2)授業について

学科担当者から既に課題の配布をしております。時間に合わせてご自宅で進めていただく他、語学分野での授業はオンラインの課題が出されております。専門分野においては、学科毎で異なりますが、クラス担任より課題内容についてのプリントの配布、LINEを通しての課題の通知が学生達に連絡されています。また、ライブ授業、配信授業の他、オンラインで担任との面談も実施いたします。

なお、通常授業の時間帯は自宅での学習の時間となりますので、アルバイトはできません。

 

3)卒業履修時間について

保護者の皆様におかれましては。遠隔授業の実施による卒業のための履修時間等についてご心配のこととお察しいたします。文科省から配信されています通り、専修学校設置基準第13条第2項の規定により、卒業の要件として履修すべき授業時間数のうち、遠隔授業の方法により履修する時間数については、専修学校の全課程の修了に必要な授業時間のうち4分の3を超えないものとして上限が設定されていますので、授業時間の履修及び卒業に関しましてはご安心ください。

 

4)検定について

検定受験に関しましては、既に協会側から連絡があり、実施が中止となっている検定があります。その他の5月、6月実施の検定につきましては協会側が検討中との意向を示しておりますが、実施の決定の際は、学生の安全の確保と新型コロナウイルス感染拡大を懸念し、学校内での準会場受験の実施は、行わないことといたします。ただし、学生の強い意向で各自申込みにより、協会が責任をもって実施する本会場での受験は可能です。その際は各自書店等での申し込みとなります。なお以下の2検定は現時点(4月20日現在)で中止が確定しています。

・TOEIC L & R 5月24日(日) 中止      ・秘書検定    6月14日(日) 中止

 

5)通常授業の開始について

国内はもちろん、県内も新型コロナウイルス感染の増加が日々変化している状況です。また、当校には県外出身の学生だけでなく1時間以上の公共交通機関を利用して通学している学生が在籍していますことからも、一番に学生の安全と感染拡大を回避するために、今後の状況を見ながら通常授業の開始を決定する予定でおります。確定し次第、学生はもちろん保護者の皆様にもご連絡させていただきます。

 

6)学生のみなさんへの注意事項

新潟県外出身者の学生が、県外のご自宅へ帰省された場合、通学型の通常授業に参加するためには、新潟に戻ってから14日間の自宅待機をお願いいします。新潟からご実家に規制する際、及びご実家から新潟に戻られる際は、必ずクラス担任へご連絡をお願いいたします。学校からは、通常授業の開始の日程が決まり次第連絡をいたします。

先日、新潟県においても非常事態宣言が出されましたが、その際に花角知事は、「不要不急の来県を控えて欲しい。やむを得ず来県して一定期間滞在する人は2週間程度の不要不急の来県を控えるように」と、求めています。政府が全国に向け緊急事態宣言を出している以上、職員はもちろん、学生のみなさんにもひとまず5月6日まで県外の往来を禁いたします。一人一人が危機感を持ち、ご自身、友達、そして大切な家族を守るためにも協力しながらみんなでこの困難を乗り越えていきましょう。

 

7)学生のみなさんへ

体調が悪い、熱がある、のどの痛みがある、咳が出る等の症状があり、新型コロナウイルスに感染したかもしれない、もしくは、万一、家族や知人に感染した方との濃厚接触の疑いがあった場合は、自宅待機をし、各市町村の帰国者・接触者相談センターの問合せはもちろんですが、担任にも必ず連絡をお願いします。また、感染の可能性や濃厚接触者の可能性など、疑わしい場合は4日間の自宅待機をお願いします。その際もクラス担任に連絡をお願いします。

授業時間外にアルバイトをしている学生は、アルバイト中に新型コロナウイルス感染を防ぐために、最大の注意を払ってください。うがい、手洗いはこまめに行ってください。

最後に、緊急事態宣言が出され、直接人と接する機会がなくなります。特に新入生で親元を離れ一人暮らしをはしている学生のみなさんは心細く感じていることと思います。そんな時は、一人で悩んだり、解決しなくても大丈夫です。学校生活に関する心配事や不安に関しては、電話、LINE、オンライン面談を行う事が出来ますので、どんな小さなことでも遠慮せず、いつもで相談してください。一刻も早く通常通りの授業で皆さんと一緒に時間を過ごせることを願っています。

 

2020年4月22日

 

国際外語・観光・エアライン専門学校

学校長   栗林 直子